Good morning! Let's work hard today!

【Blender2.8】作成したモデルをUnityで利用する方法

今回はBlenderで作成したモデルをUnityで利用する方法を解説いたします。

Blenderでモデリングをされたい方は初心者向けのページがあります。以下のリンクから飛ぶことができます。

アーマチュア機能を付与しているモデルには、本記事では不十分となります。
利用するサンプルモデルは以下になります。このサンプルモデルでなくとも問題ありません。

Blenderで対象のモデルを開いた状態にします。メニューの「ファイル」–「エクスポート」-「FBX」を選択します。※リストにFBXがない場合はこちらのページで確認をお願いします。

選択後、「Blenderファイルビュー」画面が表示されます。サイドメニューの「▼内容」におけるオブジェクトタイプを「メッシュ」のみ選択した状態にして、「FBXをエクスポート」ボタンをクリックします。

Unityを開きます。生成したFBXファイルをProjectにD&Dします。

①Projectフォルダにマテリアルを入れるからフォルダを作成します。
②Hierarchy画面にfbxモデルをD&Dします。
現在の状態ではマテリアルにリンクがついていないため、無色の状態になります。

fbxファイルを選択した状態でInspecter画面に表示される「Extract Materials」を選択、ファイルを選択する画面が表示されるので、先ほど作成したマテリアルフォルダを選択します。
選択後、マテリアルフォルダの中にMaterialが追加されています。
本記事で配布してるパックンのモデルはこの時点が色が反映されていると思います。

テクスチャを反映させる

もし、モデルにテクスチャ画像を利用している場合はまだ作業があります。Unity上の任意のフォルダにテクスチャを格納します。
そのテクスチャを選択した状態で、Inspecter画面の「Texture Type」から「Sprite(2D and UI)」を選択します。その後Inspecter画面の「Apply」で設定を反映させます。

追加されたMaterialを選択し、「Main Maps」の「Albedo」の左側にある「⦿」をクリックします。そこで、先程格納したテクスチャを選択します。すると、画面上のモデルにテクスチャが反映されます。

テクスチャを反映させた状態