Good morning! Let's work hard today!

【Blender2.8】初心者モデリング「パックンを作ってみよう③」

こちらは下の「パックンを作ってみよう②」の続きとなっております。

■脚を作る

次は脚を作成します。
とはいっても作成過程は目とほとんど同じになります。

まずは、視点を変更します
・「フロント・平行投影」に調整してください。
・[オブジェクトモード]であることを確認し、画面左上の[追加]ボタンを
 クリック、「メッシュ」-「UV球」を選択し、新規オブジェクトとして
 生成します。

・[編集モード]に切り替えます。
・新規作成したオブジェクトの大きさを変化させた後に表示される
 「▼拡大縮小」画面の値を【X:0.16, Y:0.16, Z:0.16】に設定します。

・次にオブジェクトの移動を行い「▼移動」画面の値を【X:0.5, Y:0, Z:-0.95】とします。

・視点を「ライト・平行投影」に変更します。

・脚オブジェクトの大きさを変更し、【X:1, Y:1, Z:1.3】と設定します

■複数のオブジェクトをマージ(結合)する

画面右上のアウトライナー画面には下図のような構成になっていると
思います。この中の「Sphere」と「Sphere.001」をマージ(結合)します。

・オブジェクトモードに変更してください。
・アウトライナー画面の「Sphere」と「Sphere.001」のみ選択した状態で、[Ctrl]+[J]を押下してください。

実行後、「Sphere.001」
が消えています。

同様に「Sphere」と「Sphere.002」のマージ(結合)を行います。
・注意点として先に「Sphere」を選択し、次に「Sphere.002」を選択した状態で[Ctrl]+[J]を実行してください。
⇒最初に選択したオブジェクトが親となり、マージ後オブジェクトは親の設定(モディファイアーなど)が引き継がれるため。

※違いを表すと 左図:「Sphere」が親 右図:「Sphere.002」が親

親:Sphere
親:Sphere.002

「Sphere」を親にしたことで、ミラーのモディファイアーを設定していなかった脚のオブジェクトも適用されました。
(スムーズシェーディングも同様)
全体像が完成したので、今回はここで終わりです。
次回は口の部分を作成していきます。 お疲れさまでした!

続きになります!(2020/4/17)