Good morning! Let's work hard today!

【WordPress】複数のサイトを扱う「マルチサイト」ConoHa WING

はじめに

対象者:
ConoHa WINGをお使いの方で1つのドメインで複数のサイトを作ってみたいと思われている方向けの記事になります。(サブディレクトリ型)
注:投稿後一か月以上経過した記事がない方が対象です。

既にWordPressの起動ができている状態という前提で説明させていただきます。

「wp-config.php」の修正

WordPressをマルチサイト化を行いますが、修正する部分はConoHaのサーバーディレクトリに保管されているファイルになります。
そのため、まずConoHaにログインします。

ConoHaにログイン後、
「サイト管理」-「ファイルマネージャー」を選択します。

新規タブで下図のようなファイル管理画面に切り替わります。
左端のメニューからWordPressで利用しているドメインを選択します。

表示されたファイル一覧内の「wp-config.php」を右クリックし、「ダウンロード」を選択、ローカルの任意の位置に保存します。

ダウンロードした「wp-config.php」をコピーし、片方をバックアップ用とします。バックアップ用ではない「wp-config.php」をこちらのTeraPadで開きます。

TeraPadの設定を変更します。「表示」-「オプション」-「文字コード」から「初期文字コード」と「保存文字コード」を「UTF-8N」とします。

/* That's all, stop editing! Happy publishing. */

上のコードの次行に下のコードを入力します。
入力後、ConoHaのファイルディレクトリに上書きします。
必ずドメイン名のフォルダ直下に上書きする

define('WP_ALLOW_MULTISITE', true);

サイトネットワークの設定

WordPressへログインすると、[ツール]に[サイトネットワークの設置]という項目が追加されています。設定前に現在有効としているプラグインを全て無効にします。(削除する必要はありません)

[サイトネットワークの設置]を選択し、表示された画面で「サブディレクトリへのインストール」を選択、同画面の「サイトネットワーク名」とメールアドレスを入力してインストールします。

インストール後、「サイトネットワークを有効化中」という画面に切り替わります。画面通りに先ほど上書きした状態の「wp-config.php」をダウンロードします。
※1 ConoHaの機能で「.htaccess」を直接修正できます

「wp-config.php」と「.htaccess」の設定

TeraPadで「wp-config.php」を開きます。「サイトネットワークを有効化中」の画面上に記載されているコードをコピーします。

define('MULTISITE', true);
define('SUBDOMAIN_INSTALL', false);
define('DOMAIN_CURRENT_SITE', '[自分のドメイン名]');
define('PATH_CURRENT_SITE', '/');
define('SITE_ID_CURRENT_SITE', 1);
define('BLOG_ID_CURRENT_SITE', 1);

これを以下のコードのに貼り付けます。

/* That's all, stop editing! Happy publishing. */

編集した「wp-config.php」をConoHaのファイルディレクトリ上に上書きします。
必ずドメイン名のフォルダ直下に上書きする

ConoHaで直接「.htaccess」を編集する

なんと「.htaccess」を上書きする際に、ファイルディレクトリから一時削除するといった危ない橋を渡ることなく、ConoHaには「.htaccess」を直接編集する機能が付いていました。知らなかった・・・。

ConoHaにログインし、「サイト管理」-「サイト設定」-「応用設定」-「.htaccess設定」から内部コードの編集ができます。

「サイトネットワークを有効化中」の画面上に記載されているコードをコピーします。
⇒https化を行っている場合は下記の「http」が「https」となっています。

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP:X-Forwarded-Proto} !http
RewriteRule ^(.*)$ http://%{HTTP_HOST}/$1 [R=301,L]
</IfModule>
RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^index\.php$ - [L]

# add a trailing slash to /wp-admin
RewriteRule ^([_0-9a-zA-Z-]+/)?wp-admin$ $1wp-admin/ [R=301,L]

RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} -f [OR]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} -d
RewriteRule ^ - [L]
RewriteRule ^([_0-9a-zA-Z-]+/)?(wp-(content|admin|includes).*) $2 [L]
RewriteRule ^([_0-9a-zA-Z-]+/)?(.*\.php)$ $2 [L]
RewriteRule . index.php [L]

ConoHaで鉛筆マークをクリックし、コピーした文章を、以下の文章に上書きします。その後「保存」ボタンを押します。これで「.htaccess」の更新ができました。

RewriteEngine On
      :
      :
RewriteRule . /index.php [L]

新規サイトの開設

WordPressにログインしてください。
左上が「参加サイト」という表示に変化しています。
「参加サイト」-「サイトネットワーク管理」-「サイト」-「新規追加」から「サイトを追加」画面が表示されているので、必要事項を入力し「サイトを追加」ボタンをクリックすると、作成したサイトが「参加サイト」のプルダウン上に表示されます。

後は、無効化していたプラグインを有効化することで、マルチサイト化が完了となります。
マルチサイト状態では「プラグイン」や「テーマ」の新規追加は、各サイトのメニューにある「プラグイン」や「テーマ」から追加することはできません。
新規追加する場合は、「参加サイト」-「サイトネットワーク管理」から「プラグイン」と「テーマ」を選択してください。

よいブログライフを!

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。