Good morning! Let's work hard today!

YMM4で新きつねゆっくりにまばたき&口パクをさせる方法

はじめに

私は最近YMM4を使い始めたのですが、感想としては無料でいいのかっていうレベルで高性能でした、有名なAviUtlの

YMM4とは

このページに開かれた時点で間違っていることはないと思いますが、YMM4は饅頭遣いのおもちゃ箱さんのページからDLできる「ゆっくりMovieMaker4α」のことを指します。※2020年06月02日時点

新きつねゆっくりとは

きつね様が描いて頂いているゆっくりキャラ素材となります。利用する際は素材規約のガイドラインを必ず確認しましょう。DLはコチラからできます。

設定方法(STEP1)

失敗例

任意のゆっくり素材をDLします。今回は新れいむをダウンロードしました。DLした圧縮ファイルを解凍すると以下のフォルダ構成になっています。

この状態でYMM4を起動し、「キャラクター設定」画面を開いた状態で設定を行います。

YMM4のメイン画面から左上の「ファイル」-「キャラクターの編集」をクリックします。

下にスクロールし、設定項目の「立ち絵」-「種類」を『動く立ち絵』に設定し、素材フォルダを解凍したフォルダ(デフォルトなら「ゆっくり立ち絵\新れいむ\新れいむ」のフォルダ)に設定します。

 「立ち絵 / 立ち絵アイテム」から「眉」「目」「口」「体」に00.pngを設定します。※「立ち絵 / 表情アイテム」ではないので注意

下図の人型アイコンをクリックするとゆっくりの顔画像が表示されます。この状態は髪がありません。「キャラクター設定」で付け忘れたと思ったかもしれませんが、現状のままだと髪の設定をするこはできません。

成功例

方法①

髪をつけた体の画像を作成し、「体」のフォルダに保存します。下図はコピー利用は厳禁です。

方法②

「髪」フォルダに入っている画像を「他」フォルダに移動させる。
そうすることで「他1~3」の枠のいずれかに髪を選択する。枠が1つ失うことになるが、髪をつけた状態で出力することができます。

設定方法(STEP2)

次は「まばたき」と「口パク」の設定です。

まばたき

解凍後の「目」フォルダ内は「00.png」「00a.png」「00b.png」「00c.png」…「01.png」「01a.png」「01b.png」「01c.png」……
というファイル名が格納されています。

例として「00」系列(先頭に00とついているファイル)で例えると、まばたきは「00.png」⇒「00a.png」⇒「00b.png」⇒「00c.png」⇒「00d.png」⇒「00e.png」⇒「00d.png」⇒「00c.png」⇒「00b.png」⇒「00a.png」⇒「00.png」という流れでまばたきを再現できます。

ただし、YMM4ではこの状態では瞬きは行われません。原因はファイル名になります。

以下のようにファイル名を変更しましょう。
・「00.png」⇒変更なし
・「00a.png」⇒「00.4.png」
・「00b.png」⇒「00.3.png」
・「00c.png」⇒「00.2.png」
・「00d.png」⇒「00.1.png」
・「00e.png」⇒「00.0.png」

変更後、メイン画面の人物アイコンをクリックし、ゆっくり画像を表示します。シークバーで動画の再生位置をずらしていくと自動でまばたき動作が追加されていることが分かります。

口パク

口パクが行われないというのも、まばたきの時と同様ファイル名が原因です。

「口」フォルダ内のファイル名を変更しましょう。
・「00.png」⇒変更なし
・「00a.png」⇒「00.4.png」
・「00b.png」⇒「00.3.png」
・「00c.png」⇒「00.2.png」
・「00d.png」⇒「00.1.png」
・「00e.png」⇒「00.0.png」

メイン画面で発言文字を出力すると言葉に合わせて口が動くようになりました。

以上、新きつねゆっくりにまばたきと口パクをさせる方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です