《1-5》クライマックス推理【ダンガンロンパ クリエイト】

Japanese (language)

クライマックス推理のEXCELファイルへの入出力方法について記載しています。

EXCELフォーマットファイル

Version1.0 2020/05/23

入力方法

「参照」シート

「人物」の列にキャラクター名を入力します。
このキャラクター名はキャラクター情報の内容で設定した内容と同じにする。


「入力フォーマット②【推理】」シート

入力内容

  1. 「画像名」は画像ファイル名を入力しましょう。
  2. 「ヒント」は問題とするパネルのみ記載します。「ヒント」を記載した行の画像は「縦」では[?]の画像に置き換わり、「横」に入力した画像名の画像が追加されます。横に追加された画像は順序がランダム化されます。
  3. 「挿入部品の説明」は「ヒント」を記載した行のみ記載してください。
    これは「横」で選択されている画像名と同じ行の「挿入部品の説明」が表示されます。また、「ヒント」「挿入部品の説明」はそれぞれ、最低4つ以上記載する必要があります。

入力例

下図の入力した場合は「縦」の上から2,3,8,9,11の画像が[?]となります。この[?]は最低4つとなるようにしてください。「横」には2,3,8,9,11の画像が挿入されます。

「縦」で2番目の位置にスクロールした場合、「2番目ヒント」という表示が出現します。対して、「横」でimg2の画像を選択した場合「2番目説明」の文字列が表示されます。


「入力フォーマット①【再現】」シート

入力内容

  1. 「犯人」には犯人となる人物名を入力してください。
  2. 「自分」には突き止める人物名を入力します。
  3. 「埋め込み完了ボイス名」には【推理】パートにてすべてのパネルの埋め込みが完了した場合に、発信されるボイスです。(こちらの推理完了画像の表示と同時に発信される)
  1. 「番号」は以下の通りです
    [0]:「Act.〇〇」の表示 ※進行は待ち時間後に自動遷移する
    [1]:文章だけ進む ※進行は待ち時間後に「▼」が表示された後に、[Space]ボタンを押下する。
    [2]:画像だけ進む ※進行は待ち時間後に自動遷移する
    [3]:文章画像両方進む ※進行は待ち時間後に「▼」が表示された後に、[Space]ボタンを押下する。
    [4]:犯人指名シーン ※最終行に入力する
  2. 入力内容
    [0]:入力値は「1~5」までの整数
    [1]:表示させる文章
    [2]:(未入力)
    [3]:表示される文章
    [4]:犯人指名シーンの文章を記載する。()
  3. 最短待ち時間([0]~[4]全て入力する)
  4. ボイス名([1],[3]のみ入力する)

再現シーン

犯人指名シーン

入力例

以下の入力に対する動作は以下になります。


動作1行目
番号:「0」
内容:「1」
最短待ち時間:「1.5」
ボイス:(未入力)

⇩自動遷移


動作2行目
番号:「2」
内容:(未入力)
最短待ち時間:「1.0」
ボイス:(未入力)

動作3行目
番号:「1」
内容:「博士ぇ…本当にいるんですか?」
最短待ち時間:「1.5」
ボイス:「voice1_1」

⇩[Space]キー押下で遷移


動作4行目
番号:「3」
内容:「新種のモンスターなんて」
最短待ち時間:「1.0」
ボイス:「voice1_2」

⇩[Space]キー押下で遷移


動作5行目
番号:「1」
内容:「じゃぁましわい、」
最短待ち時間:「1.5」
ボイス:「voice1_4」

⇩[Space]キー押下で遷移


動作6行目
番号:「3」
内容:「ポニュポニョいっとらんで双眼鏡で探すのだ!」
最短待ち時間:「1.0」
ボイス:「voice1_5」

⇩[Space]キー押下で遷移


動作7行目
番号:「3」
内容:「なんですかポニュポニョって」
最短待ち時間:「1.0」
ボイス:「voice1_6」

出力方法

「出力フォーマット」シート

「出力フォーマット」を表示した状態で「ファイル」ー「名前を付けて保存」から表示されたウィンドウの「ファイルの種類」を[CSV UTF-8(コンマ区切り)]に選択してCSVを出力してください。

次の表示が出てきますが[OK]で問題ありません。

コメント