Packen Story

  ある人間が妄想を捗らせ過ぎた世界  ~A world in which a man's delusions have gone too far~

タコチュ – Takochu

第1期キャラクター

種族   該当なし
性格ロマンチスト
身長150cm

First generation

Genusunknown
Speciesunknown
Personalityromanticist
Height150cm

いつどこで誕生したのか不明のモンスター。吸盤のような口と硬度の高い白い足をもつ。パックンと同じく人語を話すことができ、オネエ口調である。自分自身が最も大事と考えており、簡単に他人を犠牲にする。体が赤く口から墨を吐くことから、タコの特殊個体と専門家は見ている。どこからきたか不明であるが「生態系を破壊する」という風の噂がある。


It is unknown where and when the monster was born. It has a sucker-like mouth and hard white feet. Like Packen, he can speak human language and uses female language. He considers himself the most important and easily sacrifices others. Experts see it as a special species of octopus because its body is red and it spits ink from its mouth. It is unclear where it came from, but there are rumors that it “destroys ecosystems”.

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2021 Packen Story

テーマの著者 Anders Norén